アラスカは
天然のシーフードの宝庫です

北太平洋に広がるアラスカの海は、大陸棚の端の深海から水面に向かう栄養分豊富な湧昇流のおかげで、地球上でもっとも生産性の高い多様な生命にあふれた豊かな海域といわれています。

アラスカから大海へ流れ出た森林の栄養分と太陽光の恵みにより大量に発生する植物性プランクトンとそれを捕食する動物性プランクトンは、小さな魚と甲殻類の餌となり、さらにそれらが大きな魚や海洋哺乳類、海鳥の餌に。アラスカの海ではこうした豊かな生態系が長年にわたり培われてきました。アメリカ全土で水揚げされる水産物の実に55%がアラスカ州で水揚げされており、アメリカ全土で水揚げされるサーモンに至っては実にその95%がアラスカ州で水揚げされています。

アラスカのシーフードは
100%天然!

アラスカの大地に張り巡らされた無数の河川は、その栄養分を大海へと運び、澄んだ空気と冷涼な海流が、世界最大の豊かな漁場を育んでいます。アラスカ産シーフードは、この「手つかずの自然」と海が育てた安心安全な天然の美味しさです。

アラスカシーフードは
なぜおいしい?

引き締まった身質と天然ならではのあじわい。世界でもっとも冷たく美しく澄んだアラスカの海をゆりかごにして育った、100%天然のシーフードだから。

広大なアラスカの海の底には肥沃な大陸棚が続いています。海底の大陸棚にそって発生する海流は海の中の栄養源を海面へと常に押し上げ、太陽光が加わって大量のプランクトンが発生すると、そこには豊かな生態系が生まれます。アラスカの様々な魚や甲殻類は、この豊かで広大な海で、プランクトンなどの自然の恵みを捕食して育つのです。

アラスカシーフードは
なぜ安心安全?

様々な人間の営みから発生してしまう汚染要因から遠く離れたアラスカの海。厳しい排水規制が行われ、また、あるがままの環境を損なわないよう、魚の養殖までもが禁止されています。ずっと食べてもずっと安心のシーフード、それがアラスカシーフードです。

日本の人口密度をご存知ですか?日本では1平方キロメートルあたり平均330人以上の人が住んでいます。これに対しアラスカの人口密度は1平方キロメートルあたり、なんと約0.5人!アラスカの海がいかに人間の営みから排出されてしまう汚染要因から離れたところにあるかをご想像いただけると思います。また、アラスカでは、法律により魚の養殖が禁止されていることなど、沿岸の環境も可能な限り自然のままに保たれています。汚染のない海で育った持続可能なシーフード、それがアラスカシーフードです。

品質管理と加工体制

アラスカで水産物を加工する工場はすべて、アメリカ食品医薬品局の求めにより、HACCP方式で食品の安全を管理するよう義務付けられています。また、国家海洋大気局やアラスカ州環境局の検査も定期的に行われており、徹底した食品衛生対策が講じられています。
水産物の鮮度はおいしさに直結する重要な要素です。アラスカでは、漁獲した魚を鮮度のよいまま一次加工、急速凍結でそのおいしさを閉じ込めてしまいます。その処理は、船上で行う場合と、工場に水揚げしてから行う場合の2通りあります。

アラスカシーフードの種類

アラスカは天然のシーフードの宝庫です。アラスカの天然サーモンは5種類。紅鮭、キングサーモン、銀鮭、ピンクサーモン(カラフトマス)、白鮭が漁獲されます。サーモン以外にもスケソウダラやマダラなどのタラ類、赤魚類、カレイ類、ギンダラ、等の白身魚や、ニシン、たらばガニやズワイガニなどの甲殻類などが漁獲されます。また、それぞれの魚の魚卵、イクラ、すじこ、明太子・たらこ、数の子なども大事なアラスカの海の恵みです。くわしくはアラスカシーフードマーケティング協会のホームページをのぞいてみてください。

アラスカシーフードは
元祖・持続可能(サステイナブル)
なシーフード!

漁業を継続して行った結果、その豊かな資源が将来損なわれてしまう、魚がいなくなってしまう、という悲劇が起こらないよう、アラスカでは様々な厳しい対策やルールのもとで漁業を行っています。
まず、毎年の海洋調査により、様々な水産資源の現在の生息数を調査し、これらのデータを科学的に分析した上で、『それぞれの水産物が順調に世代交代を行い、将来も豊かな生息数を保っていくためには、「漁獲する魚の量」をどの程度に抑えておくべきなのか』を算出し、「資源がいなくなってしまうという悲劇がおこらないようにすること」を最優先にした「漁獲する魚の量」の設定を行います。
アラスカで行われているこうした施策は、1959年に制定された州憲法の中の『天然資源の活用、開発はすべて持続可能(サステイナブル)な範囲で』という条文をその拠り所の一つとしています。世界中の海で魚の獲り過ぎが社会問題化してくるはるか昔から、アラスカでは漁業が持続可能(サステイナブル)であるために様々な管理が行われてきたというわけです。

くわしくはアラスカシーフードマーケティング協会のホームページをのぞいてみてください。

ご当選の方へは10月末頃にお知らせいたします。応募された時のメールアドレス宛に「当選メール」をお送りいたします。また、賞品の発送は11月下旬頃の予定です。
※ドメイン指定受信を設定されている方は、下記ドメインからのメールを受信できるように設定をお願いいたします。
ASMIJapan@aviareps.com

※ご当選以外の方への連絡はございません。また当選に関してのお問合せは受け付けておりません。